2018年 6月 22日 (金)

ブッシュの「トンデモ」演説 「日本人をバカにしてるのか」

印刷

   米国のブッシュ大統領が第二次大戦後の日本やベトナム戦争を引き合いに出して、自身のイラク政策を「絶賛」した演説をめぐって、その「奇妙」とも言うべき「歴史観」に米メディアでは批判の声が上がっている。日本では大きな批判にまで発展してはいないが、評論家やブロガーからは、「これを聞いて何で日本人はもっと怒らないのか」「日本をバカにしてるのか」といった批判の声が少なからず上がっている。

「日本の国教である『神道』があまりに狂信的」

ホワイトハウスのサイトでもブッシュ氏の「トンデモ演説」が披露されている
ホワイトハウスのサイトでもブッシュ氏の「トンデモ演説」が披露されている
「敵は自由を嫌い、アメリカや西欧諸国が自分たちをさげすんでいることに怒りを抱き、大虐殺を産み出した自殺的な攻撃を繰り広げました。どこかで聞いた話のようですが、私が述べる敵とは、アルカイダではなく、9.11テロでもなく、オサマ・ビンラディンでもなく、パールハーバー(真珠湾)を攻撃した1940年代の大日本帝国の軍隊のことです」

   ブッシュ大統領は2007年8月22日、米カンザスシティーで行った演説で、自身が繰り広げてきたイラク政策を正当化するために、戦前の日本を引き合いに出した。「アルカイダ」や「9.11テロ」を引き合いに出して、日本の戦前について語るのも日本人には抵抗があると思えるが、さらにブッシュ氏は、

「民主主義は日本では決して機能せず、日本人もそう思っているといわれてきたし、実際に多くの日本人も同じことを信じていました。民主主義は機能しないと」「日本の国教である『神道』があまりに狂信的で、天皇に根ざしていることから、民主主義は日本では成功し得ないという批判もあった」

とまで述べ、「自由を嫌い」「民主主義が機能しないとされてきた」日本が、女性の防衛大臣を誕生させるほど民主的な国家になったという民主化の「成功体験」を語った。さらに話は、朝鮮戦争やベトナム戦争にまで及び、「アジアでの勝利」は「テロとの戦い」にも「応用」され、「敵」であるアルカイダやイラクの過激主義者を打ち負かす、イラク政策の「サクセスストーリー」を描いて見せた。

   ブッシュ氏が語った「奇妙な歴史観」に基づくイラク政策賛美の演説については、海外メディアも批判を展開した。07年8月24日のインディペンデントは、「ジョージ・ブッシュはベトナムついて正しかったのか?」と題し、「日本やドイツは等質的な国家で復活するのにそれほど時間はかからなかったが、イラクは混合的」で対比できるものではない、などと報じたほか、ブッシュ大統領の歴史観について疑問を呈す報道が相次いだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中