2019年 3月 25日 (月)

「つかこうへい」台本をウェブ公開 異例の「無料宣言」に賞賛の声

印刷
ロート製薬『セノビック』500円モニター募集!

   「蒲田行進曲」「熱海殺人事件」などで知られる劇作家のつかこうへいさんが、自らの台本をウェブサイト上で公開していることが話題になっている。劇団が他人の台本を使って上演する際は、脚本家の許可を取り、使用料を支払う場合がほとんど。それに対して、つかさんは「ご自由に(上演を)おやりください」と、異例の宣言をしたことが、注目されている。

タイトル改変も許容することも異例

「はてなブックマーク」には、つかさんを賞賛する大量のコメントが
「はてなブックマーク」には、つかさんを賞賛する大量のコメントが

   注目されているのは「つかこうへい事務所」の公式ウェブサイト。同ウェブサイトでは、「上演台本」というコーナーがあり、つかさんの台本18本が公開されている。

   自らの台本を公開しているウェブサイトは珍しくないが、つかさんのウェブサイトには、このような異例のメッセージが掲載されているのだ。

「私の作品は劇団員15人ぐらいの貧しい小さな劇団で、あまり装置や衣装なんかにお金を使わなくてもやれるように書いてあります。徐々に上演台本をアップしていきますので、ダウンロードしておやり下さい。(中略) 営利を目的としない、2000円~3000円でやる小劇場や学生さんの小さな劇団等の方の上演料はいりません。自由におやり下さい。お知らせだけ郵送でくだされば結構です」

   一般的に、劇団や学校の演劇部などが他人の脚本を使って上演する場合は、脚本家に上演許可を取り、使用料を支払う必要がある。使用料の額は、日本演劇協会の規定によると、高校演劇や入場料無料の公演の場合、1上演あたり5,000円(脚本家によっては、アマチュア劇団や高校演劇については「無料」とするケースもあり、必ずしも一律ではない)。 入場料を徴収する場合にも、別途金額が定められている。こんな「業界の常識」に対して、つかさんは「非営利なら許可申請も使用料もいらない」と宣言しており、異色ぶりが際だっている、という訳だ。さらに、ウェブサイトには

「高知の劇団でしたら『熱海殺人事件』も桂浜を舞台に『桂浜殺人事件』とされるといいと思います」

   という文言も。脚本家がウェブサイトで台本を公開する際には「無断改作禁止」とクギを指していることも多いが、つかさんの場合は、台本の内容のみならずタイトルの改変も許容している、という点でも異例だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中