「飲酒で乗務停止」3年で15人 阪神電鉄バス

印刷

阪神電鉄は2007年9月26日、乗務前の飲酒検査でアルコール検出基準を上回り乗務停止になったバス運転手が05年から計15人いたと発表した。9月上旬に夜行高速バスの運転手2人が基準を上回り、乗務停止(無期限)になっていたことが26日に報じられたことを受け、初めて公表した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中