2019年 10月 22日 (火)

亀田父がアニメの台詞引き写し? 指摘の2ちゃんねるで批判の声

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   反則を指示したとして無期限のセコンドライセンス停止になった亀田3兄弟の父親の史郎さん(42)が、今度はアニメの台詞を転用したとして2ちゃんねるで話題になっている。テレビ番組で紹介された、長男の興毅さん(20)へ宛てた手紙の文面のことだ。著作権者は「問題視しない」としているが、道義的な批判が高まっている。

「侍ジャイアンツ」の台詞と手紙が酷似

「Jスポーツ」で紹介された史郎さん直筆の手紙(TBSから)
「Jスポーツ」で紹介された史郎さん直筆の手紙(TBSから)

   亀田史郎さんの手紙が披露されたのは、2006年8月7日未明に放送されたTBSの番組「Jスポーツ」。興毅さんが判定で勝ったベネズエラのファン・ランダエタ選手と大晦日に再戦する可能性があるとして、「緊急生決断」と題する特集の中だった。司会を務めたお笑いタレントの恵俊彰さんが、興毅さんの前で「7年前に書いた秘蔵レター」を朗読する形を取った。史郎さんが直筆した手紙の文面は、番組でも公開された。

   ところが、今になって、この文面が、日本テレビ系で1973-74年に放送された人気アニメ「侍ジャイアンツ」の台詞と酷似していると、2ちゃんねるで叩かれている。最終回に、巨人軍の川上哲治監督が、主人公の番場蛮に贈った台詞だ。こうした文面の酷似は、2ちゃんねらーの一人が見つけたとみられている。今回のバッシング報道をきっかけに、昔の話題が掘り起こされたらしい。

   史郎さんの手紙紹介の際は、アニメからの転用であるかどうかは番組で触れられていなかった。直筆の手紙は、いくつか誤字があるが、次のようなものだ。

「興毅ほんとうにおめでとう。お前はもう親父だけの者ではない。今や世界の亀田興毅になったんじゃ。それも山あり谷ありの厳しい勝負の道をひたすら歩み続けたからこそ今日の栄光が会った。しかしボクシングの道は終った分けではない。これから厳しいボクシング道が待ってる。興毅よ万文の山はいくつはばまおうとも戦陣の谷に何度も落ちようとも前え進め。最後に本当におめでとう。親父」

   司会者の恵さんがこの文をゆっくり読み上げると、興毅さんは、黙って聞いていたが、最後に恥ずかしそうに笑った。
   一方、侍ジャイアンツでの台詞は、こうだ。

「番場よ、本当におめでとう。おまえはもうジャイアンツだけのサムライではない。今や世界のサムライになったんじゃ。それも山あり谷ありの厳しい勝負の道をひたすら歩み続けたからこそ、今日の栄光があった! しかし、野球の道はこれで終わったわけではない。これから厳しい野球道が待っている。サムライよ、万丈の山がいくつ阻もうと、千尋の谷に何度落ちようと、前へ進め! その前途を祝って、もう一度言わせて貰おう。番場蛮、本当に、おめでとう! 巨人軍監督 川上哲治」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中