2019年 12月 6日 (金)

亀田父がアニメの台詞引き写し? 指摘の2ちゃんねるで批判の声

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

「一般的には著作権者の許諾が必要」

   史郎さんは、侍ジャイアンツの言葉を転用したのだろうか。J-CASTニュースでは10月16日、史郎さんが社長を務める「亀田プロモーション」に取材を申し込んだ。しかし、応対したマネージャーは、「前の話ですよね。この(混乱した)状況では、本人と連絡が取れないので、お答えできません」と話すのみだった。

   もし転用が事実なら、著作権者はどのように考えるのか。侍ジャイアンツを制作した著作権者のトムス・エンタテインメント(東京・新宿区)では、J-CASTニュースに対し、ライセンス部の担当者が「(文面の酷似を)見ている側がどのように受け止めるかということ。うちとしては、父から息子に送る手紙の中での私的引用の範疇に当たると考えており、問題視しません」と回答した。

   TBSとしては、アニメの台詞に酷似した手紙を引用の明示もなく紹介させられたことになるが、どう考えるのか。広報部の担当者は、まだ事実関係の確認は取れていないとしたうえで、「(たとえ事実だとしても)手紙を紹介した背景について分からないと、お答えしかねます」と話した。そして、「手紙は父親として息子への気持ちを綴り、送ったものだということです」ともコメントした。

   とはいえ、文化庁著作権課では、一般論としたうえで、「他人の著作物のコピーを公の場で使用する場合、著作権法上、権利者の許諾が必要になります」と指摘している。この手紙の場合は、たとえ無許諾が問われないとしても、道義的な問題が残りそうだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中