大毅対戦相手「戦歴詐称」 やっぱり「かませ犬」だった

印刷

   反則行為で1年間のボクサーライセンス停止になった亀田大毅選手(18)が、プロデビュー戦で、発表内容より力の弱い選手と対戦していたことが分かった。所属する協栄ボクシングジムが、相手選手の戦績を、公式記録より6勝も多い10勝と過大に発表していたのだ。

6勝多い10勝と過大に発表

亀田大毅選手の「戦績詐称疑惑」について報じる10月24日の「スーパーモーニング」(テレビ朝日から)
亀田大毅選手の「戦績詐称疑惑」について報じる10月24日の「スーパーモーニング」(テレビ朝日から)

   この問題は、テレビ朝日で2007年10月24日に放送された報道番組「スーパーモーニング」の中で取り上げられた。協栄ボクシングジムは、06年2月26日に行われた亀田大毅選手のプロデビュー戦で、対戦相手のサマート・シットサイトン選手(タイ)の戦績を10勝5敗8KOと発表していた。しかし、番組では、日本ボクシングコミッション(JBC)の職員が公式記録は4勝5敗としていることを紹介し、大きな隔たりがあるとして、これを「戦績詐称疑惑」と報じた。

   番組では、亀田サイドがKOで勝つことにこだわっていたことを指摘。スポーツジャーナリストの話として、実力が低くて戦績がいい人をオーダーしたらこういうことが起きるとした。そして、そこには、大毅選手の父でトレーナーだった亀田史郎さん(42)が息子に自信をつけさせてやりたいという親心が働いていたと示唆した。

   この報道について、J-CASTニュースが、JBCに問い合わせたところ、サマート選手の公式記録は確かに4勝5敗になっていることを確認した。どうして食い違ったのか、JBC職員に聞いてみると、この職員は、「こっちが関知していることではありませんが、何かの勘違いか手違いではないかと思います。経歴詐称とまでは言えませんが、戦績発表の誤りということでしょう」と話した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中