2019年 8月 24日 (土)

子どもが携帯に月12万円! そんなに使えるものなのか

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   携帯電話の使い込みを巡り、埼玉県深谷市で母親(36)が中学3年生の長女(15)を殴って逮捕される事件があった。長女が使い込んだ携帯の使用料は、なんと月額12万円。平均的な家計なら、1か月の生活費の大半が吹っ飛ぶような高額の請求だ。子どもがそんなに携帯を使い込むことができるのか。

通話やメールだけでは高額にならない

   携帯電話を巡る母娘のトラブルは、2007年11月13日深夜に起きた。埼玉県警寄居署の調べによると、母親は、長女が携帯電話を使い過ぎて10月分の使用料が12万円を超えたため、携帯を長女から取り上げた。その後、長女の弟に使わせていたが、長女が勝手に携帯を持ち出して隠れて使った。そして、それを見つけた母親が腹を立て、長女の髪をつかんで床に叩きつけたり顔を殴ったりしたという。

   長女はそれから近くの駐在所に助けを求め、寄居署が14日、長女に暴行を加えて顔に2週間の打撲傷を負わせた傷害の疑いで母親を逮捕した。調べに対し、この母親は「言うことを聞かないのでやった」と供述しているという。

   母親は夫(47)と子ども6人の8人暮らしといい、月12万円の出費はかなりの負担になったようだ。寄居署は15日、J-CASTニュースの取材に対し、「まだ本格的に調べに入っていないので、長女が携帯で12万円も何をしていたのかなど詳細は分からない」と答えた。

   そこで、子どもが12万円も使うことがあるのかどうか、携帯各社に聞いてみた。

   NTTドコモの広報部担当者は、「ふつうに使っているだけでは、そんな額にはならないはず。それは、法人契約した会社の社員1人が使う額でも同じ」と首をひねる。通話料金は、国内なら距離には関係がないため、相当な長時間の計算になるという。また、メールは、テキストなら、1万円になるにも相当数の送受信が必要としている。auブランドのKDDIも、同様の意見だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中