10月の工作機械受注額、42か月連続で1000億円超す

印刷

日本工作機械工業会が2007年11月15日に発表した10月の工作機械受注額(確報)によると、受注総額は前年同月比16.6%増の1359億3300万円だった。2ケタの増加は4か月連続。単月で史上最高額を記録した9月(1420億円)の反動がみられたものの堅調さを持続しており、受注額の1000億円超えは42か月連続となった。内需は同8.6%増の630億1900万円だったのに対して、外需は24.5%増の729億1400万円だった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中