2018年 7月 22日 (日)

地デジTV「アナログ・ラストイヤー」に買い替えピーク

印刷

市場調査会社のMM総研(東京都港区)は2007年11月20日、テレビのアナログ放送が2011年に終了するのに伴う「地上デジタル放送対応テレビ」への買い替え動向についての調査結果を発表した。それによると、すでに地デジ対応テレビへの買い替えが済んでいる人が14.2%で、今後買い替えを予定している人は40.2%だった。
いつ買い替えるかについては、北京オリンピックが開催される08年が13.0%、09年が6.4%、ワールドカップが開催される10年が16.6%。そして11年が27.7%、12年以降が5.9%となり、アナログ放送終了年に買い替えのピークを迎えそうなことが明らかになった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中