2021年 1月 17日 (日)

毒餃子でHP一文こっそり削除 「思慮が足りなかった」JT

賢いお金の使い方が学べる、無料の大人気資産運用セミナー!

   日本たばこ産業(JT)が、中国産野菜の残留農薬についてのQ&Aをホームページから何の断りもなく削除していたことが分かった。JTでは、中国製ギョウザ中毒事件をきっかけにした措置であることを認めており、ネットなどで「何か隠そうとしたのではないか」とかえって疑念を生むことになった。

「お断り」などをサイトに表記せず

残留農薬の一文が削除されたJTのQ&Aサイト
残留農薬の一文が削除されたJTのQ&Aサイト

   JT広報部によると、ホームページQ&Aサイトの「加工食品について」には、次のような一文が掲載されていた。

「Q 中国産の野菜を使っているものがありますが、残留農薬は大丈夫でしょうか?
   A 中国製にかかわらず、すべての原料は安全性を確認したうえで加工しておりますので、安心してお召し上がり下さい」

   ところが、2008年1月30日夕に毒ギョウザ事件が公表されると、その日の夜になってサイトからこの一文を削除したのだ。その際、JTでは、「お断り」などをサイトに表記していなかった。そして、テレビ朝日がその後、ニュースで削除のことを報じて初めて、多くの人が知ることになった。

   断りなく一文を削除したため、ネットでは、隠蔽などへの疑問の声が上がっている。これに対し、JT広報部では、J-CASTニュースの取材に対し、次のように釈明した。

「隠そうとしたわけではありません。冷凍ものを含めて加工食品は、原材料の段階では中国で農薬検査をしてもらっています。が、輸入段階でパックになった商品については弊社でしていませんでした。商品について一律に調査しているようにお客様に誤解されると考え、一時的に削除しました」

   JTで農薬検査をしているのは、冷凍野菜など原材料のまま輸入されたものだけだという。しかし、「Q」を読むと、中国ではなく日本サイドで加工食品についても農薬検査をしているのか、という質問にも解釈できる。なぜ、その回答を「A」に入れなかったのか。

   この点について、JTに聞くと、広報部の回答は歯切れが悪かった。「加工食品につきましては、農薬検査をしていませんので、一文の中に書き入れることができませんでした」。ただ、お断りを入れなかったことについては、「思慮が足りなかったかもしれません」と自らの非をほぼ認めた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中