2018年 7月 21日 (土)

ネット業界の75%がYouTubeの政党チャンネル「知らない」

印刷

   ソフトバンク・ヒューマンキャピタルは2008年3月5日、インターネット関連業界に勤務する20代・30代を対象に行った「インターネットと政治に関する意識調査」の結果を発表した。
   それによれば、「インターネットをもっと政治に活用するべきだ」と回答した人は82.8%で、投票に「ほとんど行かない」「行ったことがない」と答えた人のうち「インターネットで投票できれば投票する」と回答した人が72.9%にのぼった。
   しかし、インターネットを政治で活用する期待感がある一方、自民党などが動画投稿サイト「ユーチューブ(YouTube)」内に設置している政党のチャンネルについて、「知っている」としたのはわずか24.3%で「知らない」が75.8%に上った。また、「知っている」とした人でも、そのうち67.0%が「閲覧したことがない」と答えている。
   調査はインターネット上で2008年2月22日~2月23日の2日間、インターネット関連業界に勤務する20代・30代の男女400名に対して行った。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中