2020年 10月 21日 (水)

宇多田ヒカルの「使いっぷり」 家訓が「カネ貯めるな。使え!」

iDeCo、NISA~不動産投資まで、あなたにあったセミナーが見つかる!

   歌手の宇多田ヒカルさんがテレビのトーク番組で、「宇多田家の掟」は、祖父の代から「カネは天下の回り物。貯めるな。使え!」だと明かした。そういえば、ヒカルママ(藤圭子さん)は2006年にギャンブル用にと現金約42万ドル(当時約4900万円)を持ち運び、ニューヨーク・ケネディ国際空港で差し押さえられるという「過去」を持つが、子供のヒカルさんも結構な使いっぷりのようなのだ。

ヒカルママ「5年間で5億円は現金下ろした」

ブログでも「くま」が頻繁に登場する
ブログでも「くま」が頻繁に登場する

   宇多田さんが出演したのは2008年3月16日放送のフジテレビ系「新堂本兄弟」。数々の質問をマシンガンのように浴びせられ、こんな風に答えている。現在の自分のキャッチフレーズ「行き先不明の暴走トレイン」。生まれ変わったら「くまになりたい」。そして、宇多田家の独特な掟はお爺さんの代から「いい女を見かけたら声をかける」「金は天下の回り物だから、貯めるな。使っちゃえ!」なのだそうだ。

   そういえばヒカルママは、06年10月に現金約42万ドルを所持し、その大きさに不審がられて、ニューヨークのケネディ国際空港で差し押さえられた。06年10月23日付け「日刊スポーツ」に、ヒカルママは「カジノの利用者が大金を持つのは当たり前」と話している。高級ホテルに数カ月連続で滞在、

「5年間で5億円は(銀行口座から)現金を下ろした」

と説明している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中