白物家電の国内出荷額、07年度は2.2%増加

印刷

   日本電機工業会(JEMA)が2008年4月24日に発表した07年度の民生用電気機器(エアコンを除く白物家電)の国内出荷額は前年比2.2%増加して1兆4588億円となり、2年ぶりにプラスとなった。冷蔵庫や洗濯機、ジャー炊飯器などが伸びた。

   出荷台数は減少したものの、401リットル以上の大型冷蔵庫や洗濯乾燥機、IH式ジャー炊飯器、また電気掃除機や電子レンジも比較的価格帯の高い多機能型を中心に売れたことがプラスとなった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中