2019年 11月 19日 (火)

星野仙一、野球少年2000人にご馳走 「カレーを食べて元気を出そう」

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   「こどもの日」の5月5日、星野仙一さんが野球少年約2000人にカレーをご馳走し、「元気を出して頑張ろう」と呼びかけた。「子どもをめぐる問題は相当に深刻だ」という星野さんは、とりわけ「食」について心配している。ただ、この日は元気にカレーを食べる野球少年たちを見て、安心した様子だった。

「ともに金メダル目指して頑張ろう」

野球少年と共にカレーを食べる星野仙一さん
野球少年と共にカレーを食べる星野仙一さん

   星野さんが塾長を務める「夢・星野スポーツ塾」が開催する少年野球大会「第2回夢・星野スポーツ塾ポップアスリートカップ」の開会式が「子どもの日」の2008年5月5日、横浜スタジアム(神奈川県横浜市)で行われた。星野さんは開会式で、「大いに勝負にこだわって、勝者の喜びと敗者の悔しさを味わってください」と述べたほか、「私と一緒に少年野球の金メダルと、そしてオリンピックの金メダルを目指して、ともに頑張りましょう! 」と呼びかけた。

   この日、少年野球大会に出場する109チーム、2180人の少年選手が開会式に参加したが、「ファイトカレープロジェクト」の代表も務める星野さんは選手全員に、

「僕は子どもの頃からカレーが大好き。カレーを食べて元気を出して」

とカレーをご馳走。

  「ジャイアンツや横浜の選手はカレーを食べてないんじゃないかなぁ~。阪神と中日の選手は好きだからな」

といった冗談も飛び出した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中