2019年 6月 26日 (水)

「おかかえ運転手」サービス 富裕層に人気

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   団塊世代など富裕層のあいだで、ゴルフ場や会員制リゾート施設、会社や病院への送迎に使う「おかかえ運転手」が話題になっている。ハイヤーよりも安く、自家用車の運転を代行する。利用者の多くは企業のオーナーやリタイヤした元役員などで、「運転手付き」というステイタスが気持ちいいようだ。

利用者の多くは60歳以上

自家用ベンツでゴルフ場まで送迎…「おかかえ運転手」がステイタスに
自家用ベンツでゴルフ場まで送迎…「おかかえ運転手」がステイタスに

   このサービスをしているのは「おかかえ運転手株式会社」という会社で、サービスの名前は「おかコール」。「おかかえ運転手を呼べ(コールしろ!)」という意味だそうだ。登録運転手は150人を確保。女性の運転手もいて、英語の通訳や秘書業務もする。また、ボディーガード、囲碁や将棋の相手やパソコンでの株価チェックなども行う。ここまですると、運転代行というよりも人材派遣だ。

   利用者の多くは60歳以上。スポット契約(4時間で1万3000~1万6000円、燃料費などは実費)で、いまは1か月5、6本程度の実績だが、団塊世代の退職などで富裕層の人口増を見込んでいて09年9月期までに7000万円の売上高をめざす。

   利用の仕方は、別荘や会員制リゾートホテルの往復、「郊外に引っ越す、また故郷に墓地を建てるために現地見学に行くときに使う方もいます」(森田正美副社長)という。

   ビジネスでの利用は定期契約もあり、年契約(月~金1日9時間、クラウンやメルセデスベンツ級)の場合で40万円になる。ビジネスといっても、基本は個人。「会長職に退いても工場や支店を回りたいという方は、ビジネスとプライベートを使い分けて、工場を回ったあとにデパートで買い物したりホテルで友人と食事をとったり、といった使われ方をします」。

   ゴルフ旅行や温泉旅行といった宿泊を伴うケースでは、「おかかえ運転手」が指定された場所まで出かける「片送り・片迎え」から、利用者といっしょに宿泊するケースもある。宿泊費は利用者が負担するにもかかわらず、「指名してもらい、旅行先でも観光地を案内して回る」という。リピーターが多いのも、このサービスの特徴だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中