2020年 3月 29日 (日)

たばこ1000円で本当に増収? 最大1.9兆円の税収減説も

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   「たばこ1箱1000円」構想が注目されている。単純計算で9兆円の税収増、禁煙する人を差し引いても4兆円の増加になると日本学術会議は試算している。しかし本当にそうなるのだろうか。京都大学大学院経済学研究科の依田高典教授は、税収増どころか最大で1.9兆円の税収減になるとし、経済アナリストの森永卓郎さんも税収が減る可能性を指摘している。

1000円で4兆円の増収、と皮算用

「たばこ1箱1000円」構想が話題に(写真はイメージ)
「たばこ1箱1000円」構想が話題に(写真はイメージ)

   「たばこ1箱1000円」構想は、笹川陽平日本財団会長が08年3月に口火を切った。

「たばこ増税は喫煙規制が進む世界の大勢であり、厳しい財政赤字の中、実現すれば大きな財源になる」

   ロンドンと同じように1箱1000円になれば、消費量が3分の1に落ち込んだとしても3兆円を超す税収増が見込める、というのだ。これに日本学術会議が連動。08年6月19日には超党派の「たばこと健康を考える議員連盟」(共同代表:中川秀直自民党元幹事長、前原誠司民主党副代表ら)と会合を開き、1箱1000円になれば4兆円程度の増収が見込める、との試算を出した。

   この試算に異を唱えているのが、たばこの値上げと喫煙の関係について以前から研究してきた京都大学の依田教授だ。教授はJ-CASTニュースの取材に対し、

「4兆円など全くありえない」

と断言する。依田教授の研究によると、仮に1000円になった場合、ニコチン依存の強い人でも91%、喫煙者全体では97%が禁煙を考えると言う。もちろん全員が禁煙に成功するとは限らないが、06年7月にたばこが10円から30円値上がりした際に行った追跡調査では、禁煙成功率が5 4%。こうしたことなどから分析すると、税収は最大1.9兆円減少するというのだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中