「GMAT試験」 富士通の手のひら静脈認証導入へ

印刷

   MBA取得を目指してビジネススクールに出願する際に、欧米のビジネススクールの多くが入学適性検査に使っている「GMAT」試験受験者の本人確認に、富士通の手のひらの静脈認証システムが導入される。富士通が2008年7月24日に発表した。

   インドと韓国の16か所の試験センターで「GMAT」受験者の本人認証に採用され、順次107か国、400以上の試験センター、数百万人の受験者に対して導入を進める。手のひらに近赤外線を照射して静脈パターンを読み取り、登録済みの静脈パターンと照合して本人確認をおこなうもので、他の生体認証と比較し、高精度であること、認証スピード、使いやすさ、個人情報の管理のしやすさなどが評価されたという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中