2018年 7月 18日 (水)

「GMAT試験」 富士通の手のひら静脈認証導入へ

印刷

   MBA取得を目指してビジネススクールに出願する際に、欧米のビジネススクールの多くが入学適性検査に使っている「GMAT」試験受験者の本人確認に、富士通の手のひらの静脈認証システムが導入される。富士通が2008年7月24日に発表した。

   インドと韓国の16か所の試験センターで「GMAT」受験者の本人認証に採用され、順次107か国、400以上の試験センター、数百万人の受験者に対して導入を進める。手のひらに近赤外線を照射して静脈パターンを読み取り、登録済みの静脈パターンと照合して本人確認をおこなうもので、他の生体認証と比較し、高精度であること、認証スピード、使いやすさ、個人情報の管理のしやすさなどが評価されたという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中