2018年 7月 20日 (金)

「毒ギョーザ」 中国で混入の可能性濃厚

印刷

   中国製冷凍ギョーザによる中毒事件で、製造元の「天洋食品」(中国河北省)が事件後に回収したギョーザが中国国内で流通し、食べた中国人が有機リン系殺虫剤メタミドホスによる中毒症状を起こしていたことを関係筋が2008年8月5日に明らかにした。6日に各紙が報じている。日本と同様の事件が起きたことで、現地で混入した可能性が高まった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中