景気判断、「悪化」に下方修正 内閣府

印刷

   内閣府が2008年8月6日に発表した6月の景気動向指数(CI、2005年=100)は、景気の現状を示す一致指数が5月に比べて1.6ポイント低下して101.7になった。中小企業売上高(製造業)や生産指数(鉱工業)、大口電力使用量などが落ち込んだほか、雇用情勢も弱くなっていて、内閣府は基調判断を「局面変化の可能性がある」から「悪化を示している」に下方修正した。

   また、08年8月7日に内閣府が発表した6月の機械受注統計でも、民間設備投資の先行指数である船舶・電力を除く民需の受注額(季節調整済み)は5月に比べて2.6%減の1兆851億円となった。5月と比べて、製造業が3.9%増だったが、非製造業は3.3%減少。外需は産業機械、船舶で減少したことから、12.1%の大幅減となった。

   機械受注はメーカーの受注後6か月ほど後に工場に導入されて設備投資額に計上されるため、設備投資の先行きを示す指標とされる。減少は先行きが明るくないことを示す。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中