2018年 7月 22日 (日)

個人企業のパソコン利用は23.6% 総務省調べ

印刷

   総務省が2008年7月に発表した07年の個人企業経済調査によると、町工場や個人商店など、法人格を持たない個人経営の事業所でパソコンを使用している割合は23.6%だった。

   その内訳は「製造業」が23.7%、「卸売・小売業」が35.2%、「飲食店・宿泊業」は15.0%、「サービス業」は20.6%だった。06年と比べて、「卸売・小売業」は5.1ポイント上昇したが、「製造業」で4.3ポイント、「飲食店・宿泊業」は1.3ポイント、「サービス業」で1.2ポイント、それぞれ低下した。

   また、1事業所あたりの設備投資額も06年に比べると、「卸売・小売業」と「飲食店・宿泊業」は増加したが、「製造業」と「サービス業」は低下した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中