2018年 9月 20日 (木)

「ビール離れ」若者を取り込め! 「苦くない」「オシャレ」を打ち出す

印刷

   ビールの消費がもっとも伸びる夏真っ盛り。ところが最近は、「苦いのがイヤ」「オシャレじゃない」といった理由で、ビールを敬遠する若者が増えているという。大手メーカーはそんな若者に向けた新しいビールの開発に、本腰を入れ始めた。

「個性がはっきりしていないと、売れなくなってきた」

ビール各社は「オシャレ」な飲み方を提案している
ビール各社は「オシャレ」な飲み方を提案している

   大手メーカーのキリンビールは、若者をターゲットにした発泡酒「KIRIN Smooth(キリン スムース)」を2008年9月17日から発売する。低発酵にしたことで麦の甘みが出た。さらに低アルコール、低炭酸にして軽やかな飲み心地を実現した。

   キリン広報は、

「パソコンを見ながら、ゲームをしながら、といった20~30歳代の若者に多い『ながらスタイル』に合う、軽い飲み心地を実現した。開発担当者自身も20歳代後半の男性で、同世代の意見を取り込んだ」

と話している。

   同社では若者をターゲットとしたビール類飲料を07年10月から発売している。フルーティな香りと強めの炭酸が特徴の「キリン Sparkling Hop」は、テレビCMで、「シャンパングラスに注いで、グラスをくるくると回して飲む」というユニークな飲み方を提案した。飲み心地のよさだけでなく、オシャレに飲むというスタイルが若者に受けて、販売開始から3カ月間で、目標よりも2割以上も多く売れた。夏には氷を入れて「オンザロック」で飲むスタイルを提案している。

「ビール、発泡酒、カクテルやチューハイといったお酒の選択肢が増えて、嗜好が多様化している。そのため個性がはっきりしている商品でないと、売れなくなってきた」

   ネットの書き込みを見ても、ビールが嫌いな理由の多くは「チューハイは飲めるけど、ビールはただ苦いだけしか感じません」といった苦味に関するものが多いが、「カクテルとかの方がお洒落」だといったのもあり飲むスタイルもポイントになっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中