2019年 1月 17日 (木)

元「猿岩石」有吉弘行 再ブレイクまで援助してくれた人

印刷
数独ポータルはじめました!3問解いてAmazonギフト券ゲットしよう!

   お笑い芸人の有吉弘行さん(34)が、再びブレイクしている。有名人につける「変な」あだ名が面白いと評判だし、俳優の哀川翔さんのモノマネもうけている。そんな有吉さんがテレビのトーク番組に出演し、「猿岩石」を解散した後の不遇時代の「秘話」を明かした。

タモリさんは「昼メガネ」と名付ける

   有吉弘行さんが出演したのは、2008年11月22日に放送された日本テレビ系のトーク番組「メレンゲの気持ち」。番組には11年ぶりの登場だった。司会の久本雅美さんに番組開始早々、「シャケみたいなモンだよ」とツッこまれていた。ブレイクして、落ちて、またブレイクしていることをたとえた表現だ。

   もともと有吉さんは、森脇和成さんとともにお笑いコンビ「猿岩石」を結成していた1996年、バラエティ番組「進め!電波少年」の企画から人気に火がついた。この企画は、ヒッチハイクだけで香港からイギリスまで旅するというものだった。

   その後、旅の記録と日記を綴った「猿岩石日記」シリーズがベストセラーになり、帰国後にリリースしたCD「白い雲のように」は130万枚のミリオンセラーを記録した。しかし、その後は仕事が徐々に減り、2004年にはコンビを解散、不遇が続いていた。

   ところが、今は、有名人につける「変な」あだ名が面白いと評判だ。たとえば、「品川庄司」品川祐さんに対しては「おしゃべりクソ野郎」。「ペナルティ」ワッキーさんには「クソスベリ芸人」。そして、タモリさんには「昼メガネ」と名付けている。有吉さんいわく「世間のイメージをその人に伝えてあげているんです」とのこと。ちなみに、番組内では、久本さんに対して「妖怪サミチクビ」を命名していた。

   また、俳優の哀川翔さんのモノマネもうけている。このモノマネは、哀川さん本人からも好評で、「いやー、ありがとう。似てたよ。これからもドンドンやってよ」と太鼓判を押されているほどだ。哀川さんとは、自宅に呼ばれるなどの交際もある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「たくさんの大人に会って!」と学生にエール 就活応援トークライブ開催

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中