空港の「VIP」専用ルート 「SMAP」以外に使えるのは?

印刷

   「SMAP」が乗っていた全日空の飛行機が、スタッフの搭乗手続きのミスで、引き返すトラブルが発生した。実はSMAPは一般客とは異なる「VIP」ルートから搭乗していた。関係者しか明かされていない「VIP」ルート、他にどんな人が使えるのだろうか。

有名だからといって誰もが利用できるものではない

関係者以外には明かされることのない「別ルート」がある
関係者以外には明かされることのない「別ルート」がある

   人気グループ「SMAP」が乗っていた全日空の新千歳空港発羽田行きボーイング777が2008年12月4日午後0時半ごろ、滑走路に向かったものの、搭乗ゲートに引き返すというトラブルが発生した。SMAPとスタッフの15人は、一般客が使うのとは別のルートを通って搭乗したが、その際に全日空のスタッフが人数確認を怠り、飛行機が走り始めてから予約と人数が違うことに気がついて、引き返した。

   関係者以外には明かされることのない「別ルート」について、全日空の広報担当者は、

「皇族、首相、大臣といった、いわゆる『VIP』には、専用ルートが設けられています。芸能人には一般のお客様と同じルートを通っていただきますが、ファンがたくさん待ち受けている場合は臨機応変に対応し、VIPルートを使用することもあります。SMAPの場合も一般ルートの予定でしたが、ファンが殺到し、急きょ、変更しました」

と説明する。

   全日空のVIPルートには専用のセキュリティゲートがあり、そこで手荷物検査をする。搭乗口の仕様は空港により異なり、別に設けられている場合や、ボーディングブリッジ(搭乗口と飛行機をつなぐ橋)の下に専用車を乗り付けて搭乗するケースなど、さまざま。また、一般客と同じ搭乗口しかない場合、VIPはたいてい、一番最後に乗り込むことが多いという。

   「VIPルーム」を設けている、というのは日本航空だ。駐車場と近い場所にあり、車から降りてすぐに入ることができる。そこでセキュリティチェックを受けて、飛行機のそばまで車で移動するので、人目に触れずに搭乗できる。広報担当者によると、天皇陛下、大臣、国賓などが利用する。

「有名だからといって誰もが利用できるものではありません。基準を設けていて、安全上の観点から必要であると判断した人に使っていただきます。芸能人は対象になりませんが、例えば、アイドルグループの全員が乗る場合は、空港内でパニックが起こるので、使用することもあります」
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中