2019年 3月 24日 (日)

怒りの判事お得意の「熱い言葉」 娘に売春強要の母親を「一喝」

印刷
142万人に支持されるダイエットプーアール茶が今なら980円で!

   刑事裁判の判決文読み上げの直後、裁判官が被告に語りかける「説諭」は、裁判官の人柄が一番よく表れる場だとされる。ところが、和歌山家裁で開かれた裁判では、初公判の場で判事が「(被害者に)すごいひどいことをしたんだろ!!」と被告を一喝。これだけでもかなり異例だが、実はこの判事、まだまだ多くの「熱い」言葉を残していた。

「おれを彼女だと思って話しできないのかよ」

   初公判で感情をあらわにしたのは、1997年任官の杉村鎮右(しずお)裁判官。中学生だった娘に売春を強要したとして児童福祉法と売春防止法違反の罪で逮捕・起訴された母(36)の初公判が2008年12月4日、和歌山家裁で開かれた。検察側の冒頭陳述によると、母親は夫(47)と共謀し、当時中学3年生の娘(15)に対して「私も、昔親に売春させられた。あんたに(売春を)やらせても何とも思わない」などとして繰り返し売春を強要。娘が売春の対価として受け取った現金は夫の銀行口座に振り込ませ、パチンコ代や生活費などに使われたという。

   杉村裁判官が激高したのは、被告人質問のやりとりをめぐってだ。弁護人から今後の生活について聞かれた被告は、

「夫と一から出直したい」

と返答。これに対して、杉村裁判官は疑問を感じたようで、

「愛人を作っていた夫に愛を感じるのか?どうやってやり直すのか?」

と問い詰めると、被告は

「感じません」

と、直前のやりとりと矛盾しているともとれる返答をした。それに対して杉村裁判官は、

「それで彼女(娘)が新しい一歩を踏み出せると思いますか?」

と諭した上で

「彼女(娘)にできることがあるでしょう。あんたたちが遊びに行っている間、(娘は)売春させられ、弟の面倒も見ていたんだよ。おれを彼女だと思って話しできないのかよ。すごいひどいことをしたんだろ!!」

と怒鳴った。さらに、娘が

「自分の人生を汚された。二度と会いたくない」

と言っていることを挙げ、

「娘の気持ちよりも、自分たち夫婦の今後しか考えていない。見通しが甘すぎる!!」

と改めて非難した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中