2018年 7月 19日 (木)

「日本映画大学」、2011年春の開校目指す

印刷

   映画監督の今村昌平が開校したことで知られる専門学校「日本映画学校」が、映画教育と映画研究のための単科大学「日本映画大学」の開校を目指していることが2009年1月29日にわかった。映画の4年制単科大学は国内初となる。

   「日本映画学校」を運営する学校法人神奈川映像学園によると、新キャンパスとして、廃校予定の川崎市立白山小学校跡地に「白山キャンパス」を設ける。また、現在の日本映画学校敷地を「新百合ヶ丘駅前キャンパス」とする。

   2010年3月の文部科学省への大学設置申請を目指しており、認可がおりれば、はやくて2010年10月以降から学生を募集する予定。2011年4月の開校を目指す。

   同広報部は「映画に関する技術を教える教育だけでなく、映画のアーカイブの研究も行っていく。総合芸術の映画にとって、美術、音楽、演劇に対する教養は大事なことですし、その入り口を教えたい」とはやくも意気込んでいた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中