2019年 9月 17日 (火)

不況で「1000円カット」に異変 女高生や主婦の利用急増

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   洋服代を節約しても、女性は美容室や化粧品などの美容代はケチらない。そんな話はとうの昔になったようで、長引く不況のせいか、ヘアカット代を安く済ませる女性が増えている。男性が中心だった「1000円カット」を使い始める人が増え、女性の割合が10~15%から35~40%程度になったという店もある。パーマ、カラーが半額でできる方法もあり、美容室代節約の動きが広がりつつある。

女性の割合が10~15%から35~40%程度に

   全国に80店舗展開している理美容室「カットファクトリー」は、一律1000円で髪を切る。シャンプー、ブロー、髭剃りを省き、スピーディで低価格のサービスを可能にした。

   お客は男性の方が多いが、女性も増えている。同店を運営するジャパンプロデュースサービスの担当者は、

「開店して1年以内の店舗を中心に、女性の割合が10~15%から35~40%程度に増えています。子連れの主婦が多いですが、女子高生、20歳代、30歳代も利用しています」

と明かす。

   若い女性たちは、1000円カットをどのように利用しているのか。

「パーマ、カラーは半年に1回美容室、月に1回は1000円カットで切るというように、使い分けています。髪の量を調節したり、毛先をそろえたりするだけでも、パーマのもちは変わってきますからね」

   1000円カットチェーン「QBHOUSE」を展開するキュービーネットも、都内店舗や地方のショッピングセンターを中心に、若い女性の利用が増えている。

   同社は20分2000円でカットとブローをする店舗「キャトルボーテ」を、都内2か所で運営している。お客の95%が女性で、20歳代から50歳代までと幅広い。

「カットだけでも抵抗なく利用していただいていますし、20分あれば巻き髪など凝った髪型もできます。予約がいらないので、気軽に利用されています」

   新宿マルイ本館店に09年4月24日、3店舗目をオープンする。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中