2019年 1月 17日 (木)

100年一度の不況どこ吹く風 売れまくる「フェラーリ」

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   不況で輸入車の販売台数が軒並み大幅に落ち込む中、超高級スポーツカー「フェラーリ」は絶好調だ。日本自動車輸入組合が発表した2008年度の新規登録台数は前年比30.2%増、09年3月を見ても前年同月の倍と大幅にアップしている。売れる秘けつは、揺るがない「ブランド力」にある。

09年3月の新規登録台数は225%増

09年夏に発売されるフェラーリ・カリフォルニア
09年夏に発売されるフェラーリ・カリフォルニア

   日本自動車輸入組合によると、2008年度(08年4月~09年3月)の輸入車新規登録台数は19万9115台で、前年比24.8%減だった。このうち、外国メーカー車は17万6723台で22.2%減。ブランド別では、フォルクスワーゲンが21.2%減、メルセデスベンツが25.8%減、BMWが30.3%減と軒並み落ち込んだ。

   そんな中、フェラーリは前年比30.2%増と絶好調だ。月別でみると、08年9月118.4%、10月142.9%、11月133.3%、12月134.6%、09年1月135.1%、2月66.7%、3月225%となっており、2月を除いて大幅にアップしている。

   国内で販売されているフェラーリは1台2000万~3000万円台。長期ローンを組んでサラリーマンが新車を買うこともないわけではないようだが、お客のほとんど超リッチ層だ。

   伊フェラーリが発表した08年通年の総販売台数は、前年比2%増の6587台。経常利益は27%増の3億3900万ユーロと過去最高で、世界同時不況の影響をまったく感じさせない。

   「ロールスロイス」「ランボルギーニ」などの2000万円以上する超高級車の場合、受注生産方式を取っていることが多い。フェラーリも同様で、注文してから納品までに半年~2年かかる。そのため、今の販売実績は半年以上前にオーダーされたもので「時差」がある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「たくさんの大人に会って!」と学生にエール 就活応援トークライブ開催

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中