2022年 8月 16日 (火)

吉野家が沖縄で試験販売 「牛丼バーガー」ナゾの正体

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   「佐世保バーガー」をはじめとする「ご当地バーガー」に注目が集まるなか、吉野家が沖縄県で「牛丼バーガー」なるものの試験販売を始めた。いわゆる「ライスバーガー」の一種らしいが、早くも話題になっている。

「モスバーガー」の定番メニューに対抗?

   話題になっているのは、4月17日に沖縄県内の4店舗で試験販売が始まった「牛丼バーガー」。「具」は、牛丼でおなじみの肉やタマネギに、県内限定メニューとして人気の「タコライス」に含まれている千切りのレタスを加えたもの。この具を、牛丼のつゆが染みこんだライスを固めたもので挟み込んだ。いわゆる「ライスバーガー」の一種で、価格は330円。

   県内で「吉野家」店舗を運営する沖縄吉野家(浦添市)では、

「試験販売中なので、積極的に広報をしている訳ではないのですが…」

としながらも、

「何か目新しいものを作りたかったんです。特に、ハンバーガー店のドライブスルーのような、『車に乗っていても食べられるもの』を目指しました」

と、開発の経緯を明かす。ライスバーガーと言えば、「モスバーガー」での定番メニューでもある。「ファストフード店に出来るのなら牛丼屋でも」と、対抗意識を燃やした可能性もありそうだ。

コメント欄は2022年8月23日から、システムを移行します。詳しくはお知らせをご確認ください。
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中