2022年 5月 19日 (木)

「松ちゃん兄」バッシングに怒り 「何も読まずに売名というな」

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   シンガーソングライター・松本隆博さん、というより「松ちゃんの兄」、が怒っている。隆博さんが進めている、新型インフルエンザで1万枚のマスクを無料配布する企画「マスク配り隊」が誹謗・中傷の嵐にさらされているからだ。

一方的な意見は「ネットを履き違えてる」

「松本隆博プロジェクト!」内、「マスク配り隊」サイト
「松本隆博プロジェクト!」内、「マスク配り隊」サイト
「今回のプロジェクトの主旨を理解し、『もっとこういうやり方があったのでは』という発展的な意見なら双方向の議論ができる。ただ、何も読まずに『売名』とか『生意気』とか、一方的なことを言われると本当につらい」

   隆博さんは今回のバッシングに怒り心頭だ。隆博さんのブログには賛同するコメントがある一方で、「マスク独占禁止」「売名としか思えません」、巨大掲示板「2ちゃんねる」にも「なんでこんな露骨ないい人アピール売名するんだ?」「お前その1万枚はどうやって集めたんだよ」などといった声も目立っている。

   弟である人気お笑いコンビ、ダウンタウンの松本人志さんの結婚発表直後だったこともマイナスに働いたかもしれない。意見が簡単に、自由に書けるインターネットの世界。だからこそ、「相手を理解しようとせず、10秒で反応し一方的な意見を書いてしまうような人は、ネットを履き違えているのでは」と反論する。そして、こうした「誹謗・中傷」が氾濫して、善意の「芽」をつんでしまっているのではないか、とも思ったという。

「世の中には本当にたくさんの課題があり、僕らはそのうち1個、2個について『正しい』と思ったことを頑張ってやっているんです。でも、それさえ中傷されるような社会なら、行動を止めてしまおう、と思ってしまう人もいるはず」

   今回の「マスク配り隊」は、09年4月まで会社員だった隆博さんが独立、「この世に生まれて、『世間へのお役立ち』として何ができるだろう」と考え、「世の中を明るくしよう」と立ち上げた「松本隆博プロジェクト!」の一環だった。プロデューサーは、かねてからの仕事仲間である岡野弘文さん。ウェブコンサルティングや「おためしクラブ」などの通販サイト運営も手がけるエキセントリックデザインの社長だ。「マスク配り隊」の1万枚のマスクも、そもそも岡野さんが通販用に仕入れていたものだった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中