DS「ラブプラス」廃人量産 「女子から告白」ゲームの破壊力

印刷

   「萌え死にました・・・」「電車でにやにやしてます♪」。女の子から告白してくる異色のゲーム「ラブプラス」。ネット上では、その内容にはまったとの書き込みがあふれ、祭り状態になっている。

「妻としては、なんだかやりきれない」

「発言小町」でも話題に?
「発言小町」でも話題に?
「夫が恋愛ゲームに熱中しすぎて困っています」

   読売新聞の人気Q&Aサイト「発言小町」に2009年9月4日、こんな投稿が載った。相談者は、34歳の主婦といい、37歳の夫が最近新発売されたニンテンドーDSのゲームにはまっているというのだ。

   何でも、食事中でもトイレでもリビングでもお風呂の脱衣所でもやっており、寝るときも枕元にDSを置く中毒ぶりというのだ。家族との時間を削っているわけではないとしながらも、こう悩みをぶつける。

「たえず画面の向こうのバーチャルな女性と会話していて デートをしているようなので 妻としては、なんだかやりきれない思いです」

   質問のレスに目を通すと、このゲームは3日発売の「ラブプラス」ではないかとの声が大勢だ。

   ラブプラスは、転校してきた男子高校生になって、3人いる高校の女の子キャラとの交際を楽しむゲーム。女の子から思いを告白されるのが特徴で、髪型や服装を始め、自分好みのキャラに染め上げることができる。

   発売後、東京・秋葉原などでは、ラブプラスが数日で売れ切れる店が続出した。女の子に告白されるスタイルが、草食系男子に受けたのだろうか。

   販売元コナミデジタルエンタテインメントの広報室では、取材に対し、「新しくて驚きのあるゲームをお届けしたいと思い開発致しました。告白以降も続くという新しい遊び方に楽しみを感じて頂け、ご評価頂けたのではないかと存じます」とメールでコメントしている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中