2018年 7月 22日 (日)

日本生命、保有株式1兆円売却報道を「否定」

印刷

   生命保険大手の日本生命は、2009年10月18日の朝日新聞が報じた「保有株式の1兆円規模の売却」について、これを否定した。「長期運用の方針に変わりなく、決まっていることはない」と、同社広報部は話した。

   ただ、保有株式の削減などによるリスク軽減策は、経営の健全化に向けて保険会社が抱える課題の一つ。株式の名義をいったん信託銀行に移す「管理信託」の手法は、株式売却時に一度に多くの株式が市場に流通しないため、株価の下落を軽減できる手法として活用を検討していく。

   日本生命は国内最大級の機関投資家。09年3月現在、国内株式は約5兆5000億円でそのうちの1兆円分を売却するとなると、株価の下落など市場への影響が心配される。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中