外国人の株式売買シェア、09年は10ポイント下落 3年ぶり60%割れ

印刷

   東京証券取引所の投資部門別株式売買状況によると、2009年の外国人投資家の売買シェアが3年ぶりに60%を割り込むことが確実になった。半面、個人投資家の売買シェアは30%弱にまで上昇し、投資意欲が回復しつつある。

   外国人投資家の売買シェアは、ピーク時の08年に63.3%を占めていた。東証の調べでは09年12月11日の段階で53.1%と、10.2ポイントも減少した。売買代金も254兆円とほぼ半減した。リーマン・ショックから1年がすぎて金融危機がだいぶ落ち着いてきたが、鳩山政権発足以降の「デフレ宣言」など景気低迷の深刻化による不安が、外国人投資家を日本のマーケットから遠のかせている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中