中国の日本人死刑囚刑執行「残念だ」 鳩山首相

印刷

   中国が日本人死刑囚の刑を執行したことについて、鳩山由紀夫首相は2010年4月6日、「ギョーザ事件が一応解決の方向に向けて動いていた矢先だけに、残念だ」と遺憾の意を表明した。

   首相官邸で記者団の質問に答えた。日本人の対中感情への影響については、「厳しすぎるという思いは当然あるだろう」とした。ただ、「それぞれの国の司法制度があるので、内政干渉的なことを言うべきではない」として、それ以上は語らなかった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中