2019年 8月 23日 (金)

スイカ、メロン大量盗難相次ぐ ネット通販使い売る?

印刷
ロート製薬『セノビック』500円モニター募集!

   スイカ、メロン、トマト、サクランボといった農作物の盗難が、全国で相次いでいる。大量に盗み、ネット通販などで売っているらしい。

   100年の歴史を誇るブランドスイカ「大栄スイカ」が鳥取県北栄町で出荷ピークを迎えている。全国的には不作だったが、大栄スイカは1万245トン(09年比97%)の出荷を見込む。しかし、盗難被害が前年を上回り、生産者は頭を抱えている。過去5年は毎年4件以下だったが、2010年は6月24日時点で5件。1回の盗難でおよそ20玉が盗まれ、被害総額は約20万円にのぼる。

畑がぐちゃぐちゃ「怖くて足が震える」

店などで盗むよりも罪悪感が薄い?
店などで盗むよりも罪悪感が薄い?

   北栄町の生産者によるパトロール隊が6月4日に結成されたが、その翌日も盗まれた。

「ほぼ出荷できる状態だっただけに残念です。ツルが踏まれて畑がぐちゃぐちゃになり、生産者は『怖くて足が震える』と言っていました」

JA鳥取中央大栄支所北栄営農センター販売課の担当者はこう語る。

   茨城県有数のメロンの産地、八千代町では、出荷直前の「クインシーメロン」約250個が、6月17日午前7時~19日午前11時にかけて盗まれた。被害総額は25万円相当だ。下妻警察署によると、メロンの大量盗難は初めて。最近では09年9月に下妻市内で梨2000個が盗まれた。

   茨城県潮来市では、トマト約900個(約6万円相当)が盗まれ、2010年6月14日に生産者が通報した。JAなめがたの担当者によると、トマトの盗難は初めてだ。

「複数の犯人でないと持ち出せない量です。出荷間際だったので、以前から目を付けられていたんじゃないか。野菜の盗難に保険はなく、やられ損ですよ」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中