2019年 9月 24日 (火)

ツキノワグマ「山に返さないで」 「また戻ってくる」と住民が訴え

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   住宅地に迷い込んできたツキノワグマを射殺せざるを得ないケースが相次ぐなか、被害の急増に悩む岡山県の自治体が「捕獲したクマを山に放さないで」と、県に対して方針転換を求めている。だが、岡山県内のツキノワグマは「絶滅危惧種」。県側も対応に苦慮している。

今年は爆発的増加、住民は外出自粛も

   ここ数年、全国的にクマの目撃情報・捕獲数は増加傾向で、生息数が少ないとされる西日本でも例外ではない。

   例えば岡山県内のツキノワグマの目撃数の推移を見ると、延べ数で2008年度が44件、09年度が28件だったのに対して、10年度は現段階で141件。そのうちの捕獲件数でみると、08年度が4件、09年度が2件、10年度が現段階で30件(うち28件が、イノシシ用のワナなどで誤って捕獲される「錯誤捕獲」)だ。ここ1年で、爆発的に増えていることが分かる。この背景には、猛暑の影響でブナ、ミズナラ、コナラといったドングリをつける樹木の生育状況が悪かったことがあるとみられる。

   ツキノワグマが確認されるのは、美作(みまさか)市など、県北部の自治体がほとんどで、住民生活に支障がでるケースもある。同市では10年10月24日、民家近くに仕掛けてあった鳥獣用のわなに小グマが誤ってひっかかり、親とみられるクマも付近に出没。住民が一時外出の自粛を余儀なくされた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中