3日で4件の強盗被害 すき家ばかり何故狙われるのか

印刷

   ゼンショーの運営する大手牛丼チェーン「すき家」での強盗被害が止まらない。2011年に入ってからも、報じられているだけで10件の被害が発生。警察からも防犯体制を強化するよう業務改善要請が出ているが、被害は増えるばかりだ。

   2月22日未明、三重県四日市市の「すき家四日市西日野店」にナイフを持った男が押し入り、1人で作業をしていたアルバイト男性店員(19)を脅し、レジから約9万円を奪って逃走した。

郊外店舗多く、レジで精算

   翌23日も、栃木県佐野市と神奈川県厚木市で、24日にも同県小田原市のすき家店舗で強盗事件が発生。3日連続という異常事態だ。

   すき家は以前から強盗被害が多いことで有名だ。報道によると、2009年の被害は24件。2010年は倍以上の57件で、吉野家(7件)や松屋(0件)と比較しても明らかに多い。2011年に入ってからは、2月22日から24日にかけて発生した分も含め、既に報道が出ているものだけでも少なくとも10件。一体何故すき家ばかり狙われるのか。

   まず、人通りの少ない郊外の店舗が多く、犯行が目に付きにくい。さらに、カウンター内のレジで精算する店舗が殆どで、強盗犯としてはいちいち店員に券売機を開けさせる必要がないといった理由が考えられる。それに加え、すき家は深夜営業でも、店員が1人だけというケースが非常に多いようだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中