2021年 5月 8日 (土)

3日で4件の強盗被害 すき家ばかり何故狙われるのか

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

バイト経験者の犯行?

   2011年に入ってから起きた事件だけみても、少なくとも10件中8件が深夜から早朝にかけての犯行で、店員は1人。うち2件はアルバイトの女性店員が1人だけだった。

   ちなみに他のチェーンではどうなっているかというと、松屋を運営する松屋フーズでは、売上によって違うが、防犯を考慮し、深夜帯は出来る限り店員を1人にしないよう各店舗に指導しているという。

   また、すき家を運営するゼンショーの人件費削減方針に原因の1つがあるとする説もある。外食産業に詳しい経済ジャーナリストは、

「すき家ではアルバイトが実質的な店長となることもあるが、時給もそれほど高くないですしボーナスも出ません。そうなってくると店に愛着も湧きませんし、防犯にも意識が行きませんよね。また、バイトがバイトの採用面接をすることもあるようです。もしかしたらバイトが適当に採用を決めたバイトが、ちょっと働いてすぐ店をやめ、その後自分が勝手をよく知るすき家に強盗に入っているのでは、という説も考えられなくもありません」

と話す。

   すき家の連続強盗被害はネットでも話題になっており、2ちゃんねるなどには「また起きたのか」「すき家で深夜バイトしてる俺はまったく笑えない件」といった書き込みが寄せられている。

   愛知県警も既にゼンショーに対し防犯を強化するよう業務改善要請を出しているというが、一体どうなっているのか。J-CASTニュースはゼンショーに防犯体制について取材を申し込んでいるが回答はまだ得られていない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中