宮城県石巻市で80歳女性と16歳少年を救出

印刷

   東北関東大震災で大きな被害を受けた宮城県石巻市で、地震発生から10日目の2011年3月20日、倒壊した民家のがれきの下から80歳ぐらいの女性と、女性の孫の16歳少年が救出された。捜索活動をしていた警察官が発見した。2人とも意識があり、ヘリコプターで同市内の石巻赤十字病院に運ばれたという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中