風評被害対策に貿易保険、食品関連6割占める

印刷

   日本貿易保険(NEXI)が2011年4月11日から取り扱っている、外国で原発事故に伴う風評による輸入拒否を受けた企業の損害額を補償する貿易保険で、5月25日までの1か月半に結んだ契約件数107件のうち、63件(59%)を農林水産物や加工食品といった食品関連企業が占めたことがわかった。日本経済新聞が報じた。

   国別では中国向けが12件と最多で、次いで韓国とシンガポールが11件あった。食品類は、米や小麦、マグロ、海藻類、醤油、パスタなどと幅広い。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中