2018年 7月 20日 (金)

原発作業の傷病者55人 熱中症は15人と河北新報報道

印刷

   福島第1原発事故の収束作業中に「傷病」した作業員は、これまでに計55人にのぼっていた――東京電力に取材した結果として6月30日、河北新報が報じた。

   それによると、東京電力社員や協力企業の作業員のうち、作業中に負傷したり体調不良を訴えたりした「傷病者」は延べ55人、うち31人は病院に搬送された。55人のうち負傷者・体調不良者は40人で、5月に心筋梗塞で死亡した男性作業員(60)も含まれている。残る15人は熱中症だったという。

   傷病者は第一原発の施設内に常駐する医師が応急処置。搬送が必要な患者は約20キロ離れた事故対応拠点に運ばれ、ここで除染を受けた後、救急車でいわき市内などの病院に搬送される。

   治療までに何時間もかかることが問題になっていたことから、東電は7月1日、原発施設内に新たに診療所を開設した。救急医療や被曝医療の専門医も常駐させるという態勢に改めた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中