2018年 7月 22日 (日)

ドラえもん、テディベア、映画館… 新千歳が「エンタメ空港」に変身

印刷

   国内で3番目に多い利用客数を誇る新千歳空港のターミナルビルが2011年7月15日、リニューアルオープンする。これまでの空港は、単に乗客が「通過」する施設という位置づけだったが、今回のリニューアルでは、日本の空港としては初めて温泉施設や映画館がお目見えするほか、東アジアで人気の高いドラえもんのテーマパークも開設される。こうしたことで、海外からの集客にもつなげたい考えだ。

韓国、台湾など外国人観光客の目を意識

国内空港では初めて天然の温泉が楽しめるようになった
国内空港では初めて天然の温泉が楽しめるようになった

   09年に始まった増改築工事は、11年5月末には終わる予定だったが、東日本大震災の影響で資材の調達が難航。当初の予定から1か月半遅れでオープンにこぎ着けた。改装前は106だった店舗数は7月22日時点で61店増えて167店になり、11年12月の2次オープン時には約180店にまで増える。

   今回のリニューアルで掲げられているコンセプトのひとつは「エンターテインメント空港」。見たり、体験したりできる施設が増えていることが特徴だ。3つのシアターを備えた映画館「じゃがポックルシアター」、露天風呂が楽しめる「万葉の湯」といった、「滞在型」の施設が目白押しだ。それ以外にも、それ以外にも、「テディベア」で有名な独ぬいぐるみメーカーのシュタイフ社の施設も、ドイツ国外では初めて開設される。

   また、北海道を訪れる外国人観光客の8割が、韓国、台湾など東アジアからの観光客だ。東アジアでの「ドラえもん人気」にあやかって、テーマパーク「ドラえもん わくわくスカイパーク」が国際線と国内線の連絡通路に誕生。日本語が分からなくても見て楽しめる施設を多く設置するなど、外国人観光客の目を特に意識した。

「まともに全部見ると1時間半はかかる」

ドラえもんのテーマパークも登場する。ドラえもんは、特に東アジアで人気がある
ドラえもんのテーマパークも登場する。ドラえもんは、特に東アジアで人気がある

   日本路線参入が相次いでいる格安航空会社(LCC)への参入にも意欲的だ。これまでは、地上業務を航空会社が行っていたが、需要が急増した時に対応できず、便の受け入れができない「取りこぼし」が出ていた。このことから、10年12月に空港ビルのグループ会社が地上業務に参入。安定して便を受け入れる体制を整えた。この結果、11年5月から韓国のイースター航空、7月からはジン・エアーが定期便を就航させている。

   ターミナルビルを運営する北海道空港の鳥越靖司・常務取締役は、7月12日の記者発表会で、

「全部見ると少なくとも1時間半はかかる。1日で全て見ることは大変なので、リピーターも多いのではないか」

と期待を寄せていた。年に約1700万人いる空港利用客以外に、周辺地域からも「かなり堅く見積もっても年間90万人」(鳥越常務)の集客を見込んでおり、12年度の売上高は、前年度比2割増の320億円を目指す。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中