新首相選出、大連立ならずれ込む可能性も 岡田幹事長

印刷

   民主党の岡田克也幹事長は2011年8月14日朝の報道番組「サンデー・フロントライン」に出演し、「8月28日民主党代表選、31日新首相選出」で調整している政治日程について、

「大連立になると(連立相手に)首班指名で賛成してもらわないといけない」

と、野田佳彦財務相などが提唱する大連立が実現した場合、代表選を28日に行ったとしても、時間的制約から8月中の新首相選出は難しいとの見通しを示した。

また、前原誠司前外相は同日朝、

「野党との協力がなくては、ひとつの法案も通らない。誠心誠意呼びかけるのは大事」

と、期限を区切った上での大連立を模索すべきだとの考えを示した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中