サドル抜き取り代わりにブロッコリー 東大で奇妙な「自転車テロ」発生

印刷

   東京大学の本郷キャンパスで自転車のサドルが抜き取られ、代わりにブロッコリーが差し込まれるという「事件」が発生した。誰が何の目的で行ったのかは不明だが、事前に「ツイッター」を使ってメンバーが集められ、複数の学生による組織的な行動だった事が分かった。

   事件は2011年9月9日に起こった。「東大ブロッコリーテロ」とも呼ばれている。被害にあった東大生の中には「テロには屈しない」と「ツイッター」で呟き、サドルに差してあったブロッコリーを自宅に持ち帰り、茹でて食べた写真をアップした。

前日に「ツイッター」を使ったメンバー募集

   被害にあったのは自転車十数台とバイク一台。サドルが外されブロッコリーが差し込まれたが、自転車一台にはバナナが差し込まれていた。これらはキャンパス内の放置自転車で、大学側から警告を受けていた。外されたサドルは自転車のカゴに置かれていたため、窃盗目的ではなかったようだ。

   東京大学本部広報グループによれば、発見したのが9日昼で、すぐにサドルを元に戻す原状回復を行った。誰が何の目的でやったのかは不明で、現在調査中としている。

   実はこの「犯行」が行われる前日に「ツイッター」を使ったメンバーの募集があり、実況中継も写真付きで行われている。そこには事前準備として、ブロッコリーはサドルに差し込みやすいように茎の部分を細く削るように指示。

「参加費は一人ブロッコリー一本 ただ深夜にやるのが、ネックかもね。。。」

などと書かれている。

   「サドル1つ欲しいんだけど」という質問には、「パクるわけではない」と断っている。犯行時の写真もアップしていて、ブロッコリーを差した自転車を上から横からと撮影。この自転車に犯行者が実際に乗っている写真もアップした。

ギャグアニメ「日常」に影響された?

   しかし、なぜブロッコリーなのか。ネットでは諸説が飛び交っていて、どうみてもこれは愉快犯で、この事件が起きる前の週に放送されたギャグアニメ「日常」(23話)を参考にしたのではないか、という意見が多い。ストーリーの中に、女子高生のキャラクターの不運が描かれている。道でガムを踏んだり、ペンキ塗り立てを知らずに座ったり、そして自転車に乗ろうとしたらサドルがブロッコリーになっていた、というもの。

   サドルをブロッコリーに替えられたある男子東大生は、「本物の東大生は、テロになど屈しない!」と「ツイッター」で、サドルに差されていたブロッコリーをフライパンで茹で、マヨネーズを掛けて食べる写真をアップした。この写真について

「誰も不幸にならないテロって素敵」
「サドルも食ってこそ本物の東大生」

といったツイートがでている。東京大学本部広報グループに被害にあった人から苦情が来ているのか聞いたところ

「今回のブロッコリーの件については今のところ見当たりません」

ということだった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中