2020年 6月 4日 (木)

「韓国ミスコンで性接待要求された」 英国人女性の告発で波紋広がる

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   韓国で開催されたミスコンテストで出場者の英国人女性がセクハラを受けたと訴え、韓国で「国際的な恥さらし」と波紋が広がっている。

   2011年10月初旬から中旬にかけて韓国、ソウルなどで「ミスアジアパシフィックワールド」が開催され、世界各国から約50人が出場した。

「勝つためには何をすべきか分かっているだろう」

   そのうちの一人、ウェールズ代表として出場した英国人女性が大会途中に帰国。その後、英BBCやテレグラフ紙などに対し、韓国の主催者から上着を脱がせられそうになったり、写真撮影のときに体を触られたりするなどのセクハラを受けたと話した。

   さらに、大会中「勝つためには何をすべきか分かっているだろう」と、あからさまに性接待を持ちかけられたほか、ベッドのない宿舎に入れられ、食事も一日一回しか与えられなかった。こうした事態について地元警察に訴えたが、主催者側が目の前で警察に賄賂を渡して買収したという。

   韓国の芸能界では、「性上納」が以前から存在すると言われている。2009年に人気女優チャン・ジャヨンさんが自殺した際も、性接待を強要されたのが原因だと言われているが、外国人が被害を訴えるのは異例だ。

   英国での報道を受け、韓国メディアも大きく報じていて、それによると、主催者側のチェ代表は宿舎の問題については、「各地方組織委員会のホテル予約などで至らない点があった」と認め、謝罪した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中