グリーンピースメンバー、仏原発に侵入し身柄拘束

印刷

   国際環境保護団体グリーンピースのメンバー数人が2011年12月5日、フランス中部にある原発に侵入し、警備当局に身柄を拘束されていたことが分かった。

   読売新聞などの報道によると、メンバーらは、敷地内で「安全な原発など存在しない」などと書いた垂れ幕を掲げていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中