2020年 12月 1日 (火)

エドガー賞候補になった東野圭吾 人気シリーズ小説の終了予告???

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   2012年1月20日、ミステリー界のアカデミー賞と呼ばれる「エドガー賞」の今年の最優秀作品賞の5候補のひとつに、東野圭吾さん(53)の小説「容疑者Xの献身」が選ばれた。

   その同じ日、東野さんの「ネタ切れ」「もう書きません」という、「断筆」を予告するような直筆コメントが新聞や中刷りに掲載され、一部で衝撃が走った。

受賞すれば日本人初の快挙

   東野さんは、85年、第31回江戸川乱歩賞を受賞した「放課後」でデビュー。その後、「秘密」(99年)や「白夜行」(00年)、「流星の絆」(08年)など、次々とヒット作を生んでおり、いま一番の売れっ子作家。今回候補に選ばれた「容疑者Xの献身」(05年)は直木賞も受賞し、俳優の福山雅治さんが演じた「ガリレオ」の映画版として、08年に上映されている。

   「エドガー賞」は、アメリカのミステリー作家エドガー・アラン・ポーにちなんで創設されたもので、日本の作家では04年に、桐野夏生さんの「OUT」が最優秀作品賞の候補に選ばれていたが受賞はならず、もし今回、東野さんが受賞すれば日本人初の快挙となる。

   ところが、おめでたいニュースの一方で、「断筆」を予感させる広告が掲載されたのだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中