韓国「反日動画」は現代の安重根? 「日本人は恩知らず」と逆バッシングも

印刷

   東日本大震災から1年後の2012年3月11日、韓国人と思われる男性が、「日本人は地震で一瞬に死んでください」と発言した動画がユーチューブでアップされ、日本のネットで激しい反発が起こったが、これが韓国で報道されると、ネットの反応は逆だった。

   「大統領にしたい」「現代の安重根義士だ!」といった賞賛の声があがり、「韓国は震災で援助したのに恩知らずな日本人」などと逆バッシングの様相を呈している。

韓国でも報道され、多数の「賛同」コメント

   この動画で、問題の男性は、自分が人殺しをしたいと思うときにイメージするのは日本人だが、殺す必要はなくなったと、たどたどしい日本語で語り、殺す必要がなくなったのはまた大地震が起こるからで、「日本人は一瞬に死んでください」と発言。バッシングが激しくなると、この動画を削除。新たにアップした動画では、

「必死に、日本のサル達が、私を攻撃しています」

と話し、自分がアップした動画を笑って見ることができないのは韓国を否定する姿勢だからであり、自分は今後ずっと反日を貫く、と語った。

   韓国の有力紙「国民日報」電子版は、12年3月12日付けでこの話題を報じ、動画をアップしたのは21歳の韓国人男性で、この動画を見た日本のネチズンが怒っている。韓国人の「蛮行」を知らせるため、この動画に各国語の字幕を付け、複数の動画投稿サイトにアップし始めた、と説明。その動画には、「彼は特別ではなく、平凡な韓国人男性」「韓国人が日本に対して言うことを信じないで」といった文字が入っている、と書いている。

   韓国人が今回の「事件」をどう捉えているのか。この「国民日報」記事にはコメント欄があり、多数の書き込みがあるのだが、その大半が、アップした男性に対し「よくぞ言ってくれた!」「現代の安重根義士だ!」などと称賛するものだった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中