2018年 7月 21日 (土)

橋下大阪市長ウォッチ
「橋下徹が殺される!」 週刊現代記事に「取材源怪しい」

印刷

   大阪市の橋下徹市長は2012年6月20日朝にツイッターを更新し、「週刊現代」6月30日号の特集「橋下徹が殺される!」にコメントした。橋下市長は「タイトルにはびっくりした」としながら、

「貴誌が取材源としている大阪維新の会の府議は怪しいので変えた方が良いですよ」

とクギをさした。

   週刊現代の記事では、府議のひとりが、

「原発再稼働でも、政府と橋下さんの間に入ったのは仙谷(由人)さんなんですよ。そして橋下さんが撤退しやすいように交換条件を出した。再稼働を容認してくれれば、(大阪)維新の会が公約に掲げる『大阪都構想』に必要な地方自治法改正法案を国会に提出するというんです」

などと解説しているが、橋下市長は

「今回の大飯原発問題で、仙谷議員が間に入ったという事実はありません」
「また民主党政権から大阪都構想法案を取引材料にされたこともありません。僕がコミュニケーションを取らせてもらったのは細野大臣のみです」

と、事実関係を否定している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中