韓国大統領、天皇への謝罪「求めていない」と否定

印刷

   韓国の李明博大統領と、自民党の麻生太郎元首相は2012年10月8日、ソウルの大統領府で会談した。

   李大統領は8月10日、島根県・竹島に上陸。さらに14日には天皇陛下が訪韓するのなら「独立運動で亡くなった人々に心から謝罪すればいいというのが私の願いだ」と発言したとされる。麻生元首相は報道陣に対して、李大統領は、天皇陛下に訪韓や謝罪を求めたものではないと釈明したと説明した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中