2019年 11月 13日 (水)

女子中学生の「婚約者」を家に招いた20歳の男を逮捕 これは本当に「誘拐」なのか?

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   携帯電話のSNSで知り合った15歳の女子中学生に「一緒に住もう」などと誘惑し、新千歳空港から中部国際空港までの航空券を用意、自宅に連れ込んだ20歳のアルバイト店員が、誘拐事件の容疑者として北海道警察小樽署に2012年10月17日に逮捕された。

   ただしこの二人は「結婚するつもりだった」などと話していることからネットでは、これは誘拐事件などではなく、駆け落ちのような「純愛」ではないか、と騒ぎになっている。

SNS「グリー」で今月初めに2人は知り合った

   小樽署によれば、この女子中学生は「愛知に出てくれば?!自分のところに一緒に住めばいい」などと誘惑され、12年10月15日に容疑者が用意した航空券を使って名古屋に向かった。保護者から捜索届が出されたため、愛知県警がこの日の夜に容疑者の自宅を突き止めて女子中学生を保護。17日に容疑者を未成年誘拐事件で逮捕した。

   また、各紙の報道をまとめると、2人は10月初めにゲームサイト「グリー」を通じて知り合い、メールや電話で交流するうちに親しくなった。女子中学生は学校を休みがちで、このコンビニアルバイト店員の容疑者に色々な悩みを打ち明けていた。家を出て行った娘の行き先は、親が娘の友人から聞いて知ったのだという。

   容疑者は警察に対し、自分がしたことは悪いと分かっているが「結婚するつもりだった」と話し、女子中学生も「一緒に暮らしたいと思った。結婚するつもりだった」と明かしていると書いている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中